新潟の整体は「はるかぜクリニカルラボ」へ

健康を気遣って痩せようとしても、「正しいダイエット」がわからず、結局無理してしまう方も多いのでしょうか。

 

「無理に食事を減らすダイエット」

「1つのものだけをひたすら食べるダイエット」

「短期間で無理な減量幅を、目標設定とするダイエット」

 

一度は、経験された方は多いのではないでしょうか。

 

しかし、それを続けていると一度は体重が減るかもしれませんが、

・摂るべき栄養を取れなくて、栄養失調

・色々なものを我慢してしまい、精神的に不安定

といった状態に陥ってしまいます。

 

今までの無理なダイエットをやめて、「健康的に痩せて、リバウンドしないダイエット」を、新潟市中央区の整体師が解説します。

 

目次

健康的に痩せるってどういう事?

ダイエットで体を壊す人の特徴3つ

運動で痩せる事が、正しいダイエット方法ではない

無理なく、健康的な食事を続けていく方法

 

健康的に痩せるダイエットってどういう事?

では、無理なダイエットではなく、「健康的なダイエット」というのは、どういったダイエットなのでしょう。

 

ダイエットに関して「健康的に」というのは、言い換えると「安全に」とか、「無理なく」等と言い換えられます。

 

もっと具体的に言うと、「体調を壊さずに、自分に無理をせず」ダイエットをしていく事を、「健康的なダイエット」という事です。

 

そもそも、「ダイエット」を和訳すると「食生活」と言います。つまり、「健康的なダイエット」とは、「健康的な食生活」という事が正しい解釈の仕方です。

 

ダイエットで体を壊す人の3つの特徴

健康的なダイエットをお話する前に、当院にいらっしゃる方で、一番多かった間違ったダイエット方法をお伝えしていこうと思います。

 

理由は1つ。この記事を読んで頂いている方に、同じ失敗をして欲しくないからです。失敗する法則を知って頂き、日々の生活の上でダイエットの失敗例を避けて頂きたいのです。

 

1、食事を抜く

まず、ダイエットをしようとして頭に浮かぶ事は、食事を制限する事だと思います。ただ、食事を全く取らないという事で体重を落としていくやり方は非常に危険です。

 

確かに、全く食事を取らない事で、確実に短期間で体重を落とす事ができます。それは間違いありません。

 

しかし、先程も述べましたが、ダイエットとは「食生活」です。この先ずっと、その生活を続けていく必要があります。

 

続けられない食生活は、必ずストレスがたまり、元の痩せる事ができなかった食生活、もしくはもっと酷い食生活に陥ってしまいます。

 

「短期間で食事を抜いて頑張って減らし、理想体重になったら、バランスのとれた食生活に戻せばいい」と考えて、ダイエットをスタートする方もいらっしゃいますが、うまくいった人をみた事がありません。

 

それくらい、正しい食生活を「続けていく事」は、ダイエットをする上で重要な事なのです。

 

2、自己流の炭水化物抜きダイエット

栄養素の中で、一番太りやすいと言わる「炭水化物」。これを抜いたり、減らしたりする事によって、体重を減量させやすいのは事実です。

 

しかし、それを自己流でやってしまうと、体に異常をきたしてしまうことが非常に多いです。

 

自己流の炭水化物抜きダイエットで、一番陥りやすい落とし穴は、

「炭水化物」を抜く事によって、他の食材を多く取りすぎてしまう事。

 

炭水化物が多く含まれる、ご飯や、パンは満腹感を感じやすい食材です。これらを普段主食として摂取している人が、あまり考える事なく抜いたり、急激に減らしたりしてしまうと、必ず他の食材で補おうとします。

 

炭水化物抜きダイエットのファーストステップとしてオススメなのは、まずはいつも食べているご飯の量を「半分量」にしてみる事です。今までのご飯量を計量器で図り、その半分量を食べてみてください。

 

厳密に、今までの半分量を知る事で、管理がしやすくなりますし、調整もしやすくなります。

 

3、1つのものだけを食べるダイエット

一定期間で、カロリーの少ない食材を1つ選び、その食材のみを摂取していくダイエット。

 

芸能人の方が1つの食材だけ食べるダイエットにチャレンジして、見事ダイエットに成功するといったテレビの企画を見た事がある方も多いと思います。

 

確かに上手に行うとダイエットをしていく上で有効なのですが、ここで重要になってくるのは「食べ方」です。

 

今回は、トマトダイエットを例に挙げて説明します。

 

トマト自体は胃腸にも良く、ビタミン、ミネラルも豊富で、トマトに含まれるリコピンは血液をさらさらにしてくれますので、ダイエットに取り入れるには、優れた食材です。

 

こういった理由から、たくさん食べたい所ですが、ポイントは先ほども述べた通り、食べ方です。

 

トマトは体を冷やしてしまう食材。胃腸などの内臓を冷やす事は、女性にとって大敵となってしまいます。内臓が冷えてくると、内臓の機能が落ち、身体の活動レベルが下がり、代謝不良となり結局、体重が落ちにくい体になってしまいます。

 

トマトは、体を冷やさないように摂取する事が重要なので、スープにしたり、ソースにしたり、焼きトマトにして見たりすると、体を冷やす事なくビタミンやミネラルなどの栄養素を安全に摂取する事ができます。

 

このように、全ての食材の正しい食べ方をマスターする事で、正しいダイエットを行う事ができますが、私のようにダイエットの専門家で、栄養素や食材の正しい扱い方を理解していない限り難しいです。

 

したがって、1つの食材に限らず、主食・汁物・サラダ・主菜・副菜をバランスよくとっていく方が、健康的なダイエットです。

 

 

運動で痩せる事が、健康的なダイエットではない

ダイエット目的で運動を始めるのは、健康的に感じるかもしれませんが、「食事を見直す事を第一に考え、補助的に運動をしていく」といった考えがないと、正しいダイエットとは言えません。

 

それがなぜかというと、人間は食べた物からできているからです。髪の毛、皮膚、内臓、人間のすべての組織が、口に入れものできています。もちろん、肥満の原因とされる脂肪も、食生活が一番影響を与えています。

 

したがって、食事を見直して初めて、健康的に痩せるダイエットと言える事がわかります

 

少し話もそれますが、運動は体重の減量には効果が薄いです。

 

「20分毎日ジョギングしているけど痩せない」

「朝起きたら、筋トレをしているが、体重に変化がない」

 

ダイエットを経験した事がある方であれば、そんな想いをした事があるのではないでしょうか。

 

運動で消費できるカロリーは本当にごくわずかなので、食事を見直した方がてっとり早いです。

 

無理なく、健康的なダイエットを続けていく方法

ここまで、健康的なダイエットについてのポイントをお話ししてきました。もう一度読み返して頂いて、できる事から初めて頂きたいです。最後に、健康的なダイエットを無理なく続けていくコツをお伝えします。

 

ダイエットを続けていく上での唯一のコツと言ってもいいと思います。

 

それは、「ダイエットをする事を当たり前にする」事です。つまり、習慣化。それについて詳しく話していきます。

 

習慣化していくには段階があります。

「正しいダイエット方法を知っている」→「正しいダイエット方法をできる」→「正しいダイエット方法を習慣化している」

 

この順番です。

 

まず、正しいダイエットについて知る事から始まりますが、これは、今日のブログを見直してみてください。知識が身につきます。

 

そして次は「できる」→「習慣化する」ステップです。

 

「適度な炭水化物抜きダイエットをしていく事」を例にとってみましょう。

まずは計量器を買う事から始めます。次に半分量をお椀に盛ります。この流れを一日の3食で続けてみます。

 

これを毎日行うと、早い人だと半分量のご飯が3日ほどで身につきます。

 

ルーチンとも言いますが、ルーチンを少しずつ、増やしていくことが、今日のテーマである「健康的に痩せる事」への近道となります。

 

ぜひ、小さい行動から始め、それができたら毎日続けてみてください。

 

ダイエットが当たり前になると、あなたが理想とする日々を送る事が出来るようになります。

 

新潟市中央区の整体院では、お客様にあった「健康的に痩せる方法」を提案し、無理なく続けてもらう事を指導しています。

 

そして、体の内側からキレイに痩せて、リバウンドしない体作りを目指しています。

新潟の整体は「はるかぜクリニカルラボ」へ PAGETOP