新潟の整体は「はるかぜクリニカルラボ」へ

ダイエット中、痩せやすい食事のタイミング

 

効率よく痩せたい。

簡単で、継続できるダイエットをしたい。

 

ダイエットを始める方であれば、誰しもが思う事。

 

手取り早い方法は、「食事のタイミング」と、「何を食べるか」を意識する事です。

 

どんな時に食事を摂ればいいのか、

朝、昼、晩の食事は何を食べたら良いのか、

食べる順番はどうしたらいいのか、

 

これらの悩みを新潟市中央区の整体師が解説していきます。

 

目次

痩せやすい時間帯について

朝、昼、晩によって食べるものを変える?

ダイエット中に「食べる順番」が本当に大切な理由

タイミングを制する事がダイエット成功への近道

 

痩せやすい時間帯について

痩せやすい時間帯は、起床から「2時間以内」です。つまり、一日の中で一番重要な食事は「朝食」です。

 

体のリズムを司っている体内時計は、実は「25時間周期」。1日は24時間しかないので、体内時計と合わない1時間を調整する必要があります。

その1時間の調整を朝、特に起床後2時間以内に行うと、体内時計の周期に沿って、代謝をスムーズに行う事ができます。

 

今回のブログでは、その朝食のポイント、また、「昼食」と「夕食」に気をつける事も併せてお伝えしていきます。

 

 

朝、昼、晩によって食べるものを変える?

 

それでは早速、「朝」「昼」「夜」の時間帯について、どんな食事を意識していくべきか、お話ししていきます。

 

○朝食

先ほどもお伝えした通り、ダイエットのポイントは「朝食」。この時間帯に正しい食事を心がけると、代謝が安定しやすいので、一日の食事にも良い影響を与えてくれます。

 

朝の時間帯(4~12時頃まで)は排泄の時間帯と言われています。この「排泄」時間帯に、必要以上にカロリーを摂取すると、お通じが悪くなり、結局痩せにくい体になりやすいです。

 

よく、「朝はしっかりと食べないといけない」と言われますが、決してそうではありません。朝、内容を考えずに、食べ過ぎたり、排泄を妨げるような食材を食べたりすると、体には大きな負担がかかってしまいます。

 

では、朝はどのような食材を食べれば良いのでしょうか?

 

ポイントとなるのは「酵素」です。酵素とは、淡白質の1つで、体内の分解や代謝を助けてくれる物質です。酵素は野菜、フルーツなど、生物に多く含まれます。です。

 

酵素は熱に弱いので、野菜サラダや、果物をそのまま食べるなど、熱処理をしない状態で食べる事が重要です。

 

○昼食

お昼ご飯の頃(12時〜15時)は「消化」の時間帯です。一日の中で、一番カロリー摂取に適した時間帯と呼べます。

 

ダイエット中に

どうしてもお米をたくさん食べたい!

たまには外食をしたい!

となった時、12時〜15時の間にカロリーの高い食事を摂ると、消化しやすいので、他の時間帯に比べると体重の増加を抑える事ができます。

 

○夕食

夕食は、食べるタイミングが重要です。眠る3時間前には食事を取っておきましょう。寝る直前に食事をとってしまうと、胃腸が活発になってしまい、消化不良を起こしてしまいます。

 

そして、重要となるのが「BMAL1」と呼ばれる脳内ホルモンです。

このホルモンは「脂肪を体内に蓄えようとする」働きがあります。昼の3時頃〜徐々に増え始め、夜の10時〜夜中の2時頃に分泌量がピークを迎えます。

したがって、夕飯が遅くなってしまったり、夜食として夜中に食べてしまったりした時に体重が増えやすいのは、BMAL1が原因という事です。

 

私のサロンでのダイエットのお客様には「夜18時30分」には夕食を済ませておくように指導させて頂く事が多いです。

 

理由としては、先ほどのBMAL1の要素の他に、もう一つ、寝るまでの「空腹」です。早く食べ過ぎてしまうと、夜寝るまでの時間が長くなってしまうので、お腹が空いて間食してしまったりするのです。

 

夕飯を摂る時間帯が不規則の方に指導する際は、当サロンでは「18時30分まで」と指導するとうまく調整できるケースが多いです。

 

ダイエット中に食べる順番が大切な理由

 

食べる順番は気をつけた方が良いと聞いた事はある方は多いと思います。その理由としては「血糖値の上昇」です。

 

血糖値が上昇すると、脂肪を体内に蓄えようとしてしまうので、ここは注意すべきポイントです。

 

血糖値は食時中に上昇していきますが、食べる順番を気をつける事によって、緩やかにする事ができます。

 

1、最初に食べるべきものは、サラダです。

先に食べておくべき食材は、「食物繊維」です。食物繊維には糖質の吸収を緩やかにする働きがあり、野菜や豆類、海藻、果物に多く含まれます。

 

2、次は肉、魚などのたんぱく質。

食時のメインとなりやすい、肉や魚などのタンパク質を食べます。

 

3、最後にお米。

一食の中で最も高いカロリーを占める炭水化物ですが、最後に食べることで、すでにお腹が満たされ、食べ過ぎを防止することができます。

 

タイミングを制する事がダイエット成功への近道

 

食べる時間帯を意識する事、時間帯によって食べるものを意識する事、食べる順番を意識する事、これらはすぐにできて、無理なく継続できるので、当院でダイエットコースをスタートされた方には、一番最初に指導させて頂くポイントです。

 

そして、今回お話したダイエットの「タイミング」を意識する事の土台となる習慣があります。それは「よく噛む事」

 

咀嚼量が多くなる事によって、早食いを防止して食べ過ぎないようにしたり、唾液分泌を促し消化を促進する等のメリットがあります。

 

そして、何より大事な考え方が、「食事に集中できるようになる」事がよく噛む事によって得られるメリットです。

 

ダイエット開始しても、時間がなかったり、仕事や家事で食事に集中できなかったりします。よく噛んで、ゆっくりと食事をとる事で、自分自身に集中する事ができるようになるので、食事のタイミングも意識しやすくなります。

 

新潟市中央区の整体院では、食事のタイミングをお客様と一緒に考えて行き、無理なくダイエットを続けられる方法を提案しています。

 

そして、体の内側からキレイに痩せて、リバウンドしない体作りを目指しています。

 

新潟の整体は「はるかぜクリニカルラボ」へ PAGETOP