新潟の整体は「はるかぜクリニカルラボ」へ

腰痛のあなたに知ってほしい、正しい動きのポイントをお伝えします。

 

まずはじめに、腰痛を起こしやすい方や、座骨神経痛の方に、どのような動きが悪いのか?をお伝えします。

 

日常生活の中の動きで言えば、

①同じ体勢や姿勢を維持する動作

②腰の捻転や反転動作

③腰から遠い場所での(運搬)作業など

 

これらは腰椎の関節が、反る動きとねじるという動作に適しておらず、これらの動きによって負荷がかかるという構造上の理由から言われています。

更に、ご存知の方も多いと思いますが、私たち人間の関節は“てこの原理”で動いていて、作用点が支点よりも遠ければ遠いほど大きな力が必要になり、近くなれば近くなるほど小さい力で作業が可能です。例えば、物を持ち上げる時に、自分の立ち位置に近い場所で作業をすればするほど、支点となる腰にかかる負担が少なくなるということです。

へっぴり腰のようにお尻を後方に突き出して、手を伸ばして作業をすると、腰が遠い位置にあるため、作用点の手との距離が遠くなってしまい腰を痛めてしまうことが多くなるのです。よって、何か作業をする時には、作業場所にできる限り近づいて動作を行うことで腰にかかる負担が減るのです。

今のその痛みが少しでも楽になるように、坐骨神経痛の人や腰椎椎間板ヘルニアの人が注意することは、生活上、自分の腰への負担を自分自身でまず思い返してみて、それを軽減できるようにする事が大事です。このすべての動きや姿勢が、腰に悪影響を与えています。これら一つに少しでも当てはまる動作があった方は、少しずつでも意識して、違う動作をとることが必要です。

 

もし上記のような動作の悪影響が継続的、長期的に続くと腰椎椎間板ヘルニア、腰椎分離すべり症、脊柱管狭窄症などになりやすく、気づいたときには、ベッドから起き上がれないような腰痛に見舞われてしまいます。

 

かといって、極端に、すべての方が「背筋をピンと伸ばす」姿勢を無理に取ろうとすると、それはそれで負担がかかる方もいます。実は良い姿勢、悪い姿勢には個人差があって、一概には、言い切れないところがあるのです。

一番大切なことは、患者さんが楽で過ごしやすいと感じる姿勢や体勢がその人にとって正解なのです。ですので、多く見られる猫背の方などは、体がその状態が楽だと感じて慣れている状態ですので無理やり急激に背筋を伸ばすなどをすると症状が悪化してしまうので気をつけなければなりません 。

新潟の整体は「はるかぜクリニカルラボ」へ PAGETOP