新潟の整体は「はるかぜクリニカルラボ」へ

ひどい状態になる前に、知ってほしい正しい姿勢と心がけ!

 

最近、パソコンの普及も関連して、腰痛や坐骨神経痛に苦しむ方が多いですね。

 

腰痛持ちの方に多い質問と回答をまとめてみました。

 

Q1、腰痛は筋肉痛と同じですか?

A、違うメカニズムで生じています。症状としても筋肉痛は、長期の痛みは生じません。足腰の痛みが何週間や何か月も続く場合は、高い確率で坐骨神経痛の症状といえますので、留意していただきたいです。

 

Q2、腰痛が出た場合、「筋力が弱っているから、筋トレをしなさい」と言われるのですが坐骨神経痛に本当に効果があるのでしょうか?

A、実際、 腰痛や坐骨神経痛になりやすいのが肉体労働者など筋肉を鍛えている人が多いことから、私は、筋肉量や筋肉の強弱との関連ではなく、 習慣化された動作が与える負担だと考えています。反対に謝った筋トレが負担となり、症状がひどくなったり悪化することがありますので気をつけましょう。

 

Q3、坐骨神経痛は病名ですか?

A,坐骨神経痛は症状名で病名ではありません。

腰の骨(腰椎)周りの神経が圧迫されることで生じる症状のことを坐骨神経痛と言っています。

神経が圧迫される方法によって、大きく3種類の①腰椎分離すべり症②腰椎椎間板ヘルニア③脊柱管狭窄症という病名に分けられています 。

①腰椎分離すべり症:主に加齢が原因と言われていますが、様々な負荷によって腰の骨(腰椎)が変形して前方にすべるような形で移動してしまい、神経を圧迫すること 。

②腰椎椎間板ヘルニア:腰の骨と骨の間でクッションの役割を果たす椎間板が、加齢など様々な負荷によって変形し、神経を圧迫すること 。

 ③脊柱管狭窄症:背骨の中の脊柱管と呼ばれている「神経を通すトンネル」が様々な負荷によって変形し神経を圧迫すること。これらの疾患により、神経が圧迫されることにより生じる痛みや症状の事を総称して「坐骨神経痛」と呼んでいます。

 

Q4、坐骨神経痛の原因と腰痛の予防法を教えてください

A、腰に負荷がかかる動作や姿勢(間違った座り方、重たい物の移動、長時間のデスクワーク、農作業など)により腰に悪影響が及び、こういった事が長期的に続いた結果、神経が圧迫され、坐骨神経痛があらわれます。すべての動作や負荷のかかり方に個人差があるので、症状の生じ方に違いが見られますが、毎日の動作や姿勢から生じる負荷の質を変えることでそれらを予防することが可能です。

 

腰痛予防における3つのポイントとともにアドバイスをお伝えします。

①意識的にストレッチなどをして体勢や姿勢を頻繁に変えましょう

②腰を反らす動きやねじる動きを避けることを意識しましょう。

③運搬作業などをするときには腰を下ろして、できる限り運搬物と腰が近い状態で作業を行いましょう

新潟の整体は「はるかぜクリニカルラボ」へ PAGETOP